妻の不倫で離婚する夫婦は多い?

以前では、夫婦間の浮気といえば男性の浮気が圧倒的に多かったのですが、現在の日本では妻側の不倫がとても増えており、その証拠に探偵事務所への妻の不倫調査の依頼がとても増えているそうです。
それと同時に、妻の不倫が原因で離婚する夫婦も増加の一途をたどっています。
もしもご自分の奥様に浮気の兆候があり、さらにはその浮気が許せないような場合には、徹底的のその事実を捜査することをオススメします。
例えば、妻の浮気相手に慰謝料の請求をするような場合には、不倫の証拠はとても大きな意味を持ちます。
証拠がないために慰謝料を取れなかったというケースもたくさんありますので、やはり証拠はなにがなんでもしっかりと押さえておくべきなのです。
また、離婚という道を選択する場合であっても、不倫の証拠をしっかりと押さえておくことで協議を有利に進めることが可能になります。
不倫の証拠がある以上、妻は有責配偶者という取扱いになりますので、万が一協議が整わなかったような場合であっても、離婚調停や離婚裁判を有利に進めることができるのです。
ですから、もしも奥様に疑わしい部分があるのであれば、是非探偵事務所に捜査依頼をするようにしましょう。
何もなければそれで安心できるでしょうし、万が一不倫の事実があった場合にもその証拠はとても大きな味方になってくれるのです。